生体共鳴療法について

自己治癒力の回復を目指す療法

身体の不調や病気の原因はさまざまとはいえ、その本質は 生命力,気,心などの目に見えない生命現象の乱れや変調にあります。

 

生命現象には他に 呼吸,消化,吸収,排泄などの目に見えるものもあるのですが、病が治るというのは 目に見えない生命現象が本来の秩序を取り戻したからと考えられます。

 

そこで、目に見えない生命現象をとらえて 秩序の乱れや変調の程度を判定し フィードバックすれば、日頃の健康管理に役立つはずです。

 

生体が本来持っている自己治癒力の回復を目指す療法を「生体共鳴療法」と言います。

 

量子共鳴分析器QRSを使用して 生体のもつ微弱な電磁エネルギーを測定することで、さまざまな情報を数値で表します。

 

QRS健診のメリットとしては、わずかな毛髪や爪だけで健康状態を調べられ、体への負担がないことです。

 

また、服用している薬やサプリメントが合っているかの判定ができるのも特長です。食物アレルギー・アレルゲンの特定も可能です。

 

さらに、性格などの心の状態も把握できます。テスト項目が2000にものぼり、内臓,神経,皮膚といった体のことだけでなく、ストレスや疲労の程度,心配,イライラといった項目もあるからです。

 

そして最大のメリットなのが、その健診結果をもとに 生活習慣や食事の摂り方など、各人に適したきめ細かいアドバイスがもらえることです。