乾癬に効く温泉情報

湯の花と鉱石を利用した乾癬治療

乾癬の自宅温泉療法では、湯の花に加えて鉱石も活用したいところです。

 

鉱石とは、金や硫黄などの有用な成分を含んだ利益のある鉱物や岩石です。

 

天然の鉱石は古代から薬としても用いられており、中国では 孔雀石や黄鉄鉱などを細かく砕いて薬草などと一緒に煎じて服用していたようです。

 

エメラルドやアメジストといった私たちに馴染みの深い宝石も、薬としてよく使用される鉱物の一種となります。

 

エメラルドは 解毒や消化促進作用があると古代インドで信じられており、アメジストは 不妊症治療に利用されたり不老長寿の薬として中国で使用されていました。

 

概して天然鉱石は、マイナスイオンを多く放出する性質があります。中には、放射性のある個体金属「ラジウム」や、温熱効果を持つ赤外線の一種「遠赤外線」を放射するものも存在します。

 

そうしたことから、脱臭・吸着作用,殺菌作用,有機物の分解作用,酸性水の中和,温浴効果などがあると言われています。

 

用途も多岐にわたり、浴用材,環境浄化材,触媒材料,水処理,動植物育成素材,家畜の飼料,建築材,塗料などに応用されています。

 

代表的な天然鉱石としては、水晶,トルマリン,雲母,沸石,大理石,麦飯石,北投石,医王石が挙げられます。